• 手作り絵本や大型絵本を、アイリッシュハープなどの生演奏や遊びのアイディアを盛り込んで<舞台>的な作品として楽しめる【絵本シアター】や、【絵本ひろば】【あそびば】などの様子もお伝えしています。親子で楽しめる情報もUP中!

演劇を用いた表現あそびやお話づくりのワークショップがあちこちで開催されています。

FacebookなどSNSから様々な情報を読みながらワクワクしているゆうちゃんです。

 

短期間のものや、親子で参加できる1日ワークショップといった気軽に参加できるものから、

小学生中学年以上向けの、長期にかけて作品作りに取り組めるものまで、様々なワークショップがあるようです。

 

ブログでご紹介したことのある「たちかわ創造舎」主催で子ども向けの演劇ワークショップが開催されますが、

すでに募集締め切り済みでした…スミマセン。

 

それから「Mina Watoto」主催の表現あそびワークショップが府中市や武蔵野市で開催されます。

こちらは今週末募集締めきりだそうです。

 

ピンときた方は、ぜひ各HPをご覧くださいね。

 

※※※※※※

実はゆうちゃん、ただいま勉強を兼ねてワークショップにお手伝いで参加させてもらっています。

参加しているのはコチラ

↓↓↓

 

想像力であそぼう「もしもワールド ミ二」

 

4歳から小学2年生を対象とした内容で、全4日間。

1日目は10月4日に行われました。

 

ゆうちゃんは当日受付をしつつワークショップにもスタッフとして参加させていただきました♬

 

どんなワークショップをやるの?

 

こどもたちがわくわく・ドキドキするたのしいあそびをいっぱい用意しています。

 

○○に変身してみたい。

お話をつくってみたい。

 

表現教育をベースにした、コミュニケーション力を培うための活動です。

人前にでるのはちょっと苦手。初めてのお友達とあそべなくて・・・っというお子さんも是非ご参加ください。

子どもが子どもらしくいられる場づくりを専門家たちとともにつくっています。

 

※以上プレイキッズシアターHPより転載。

お手伝いの私も、いつの間にかファンタジーの世界に引き込まれてしまうあそびやしかけが盛りだくさん!

 

この日の最後には、グループを作り、一人一人の思い付きやこんなことやってみたいということを繋ぎ合わせて、それを一緒に来てくれたお母さんお父さんに発表する時間もありました。

繋ぎ合わせたり、思い付きを言葉で表したり…大人がサポートをいれながらも、子どもたち一人一人のワクワクが混ざり合った楽しいミニミニ発表が並んでいました。

 

サポートする講師陣のみなさんのワクワクオーラが伝染して、はじめましてで緊張していた子どもたちもいつの間にか仲良くなってやりたいことをどしどしアピールできるようになっていく姿には目を見張りました。

 

残り3日間は、さらに楽しさが広がっていく時間になりそう。

私もワクワクしています。

 

まだ定員に余裕があるようなので、ご希望の方は、

プレイキッズシアターHP 想像力であそぼう「もしも、ワールド」ミニより詳細ご覧ください。

 

これとは別に、プレイキッズシアターでは、

 

練馬区にて11月8日から

小学3年生から小学6年生向けのワークショップ、お話を作って舞台で発表「もしも、ワールド」シアター

 

また、多摩地区でも11月28日(日)には、

年少から小学2年生の親子向けワークショップ「おはなし探険隊」@ルネ小平

が開催されます。

 

幼稚園や小学校では学芸会や学習発表会などの発表の場がぐっと減ってしまっているそうですが、

こういったワークショップにチャレンジしてみるのはいかがでしょう。

 

いろんな子どもたちが集まって、一人一人の違いを感じたり、でてきたものを「いいね!」と言い合いながら作品を作ったりしていく過程を通して、自分をありのまま受け入れてもらえたな…と感じられる体験が待っていますよ~。

 

詳しく知りたい!と思った方、ちょっと気になる…という方も

ぜひぜひプレイキッズシアターHPへ。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP